家族で楽しめるレジャー型のホテルとは?

レジャー型ホテルを知り尽くしてレジャーも宿泊も楽しもう!

レジャー型ホテルをとことんまで遊びつくす!

従来型のホテルといえば、宿泊という要素に重きを置いた設計が主流となっていました。
長旅や家族旅行で疲れた心と体をリラックスさせ、ホテルを拠点にゆっくりと観光を楽しんでもらうことこそがホテル側の大きな目的であり、利用価値だったのです。
それが2000年代に入るとユーザーニーズが多様化し、必ずしも宿泊という部分に重きが置かれなくなりました。
家族旅行でも日帰りが多くなり、短い時間と少ない予算で最大限の満足感を得ようと考えるユーザーが主流となり、それに対応するようにホテル側も数々の工夫を凝らしてきました。
まずは、食事の充実です。
今の時代、ほとんどのホテルでビュッフェスタイルを採用し、たとえ日帰りでも低予算で質の高い食事が楽しめるようになってきています。
旅行や遠出のいちばんの楽しみはやはり「食」であり、人はかぎられた予算のなかでは食べることのほうにより高い割合のコストをあてるという心理効果も実証されています。
ビュッフェのバリエーションが飽和状態になり、食による差別化が難しくなった今、次に出てきたのが「ホテルのレジャー化」という発想です。
つまり、観光やレジャーの拠点としてホテルに宿泊するのではなく、ホテルそのものをひとつのレジャーランドにしてしまおうという構想で、よりニッチなニーズに活路を見出す、というマーケティングの鉄則から考えても理にかなった戦略であるといえます。
このサイトでは、日本でレジャー型ホテルが広がりつつある背景や今後の動向について解説しています。

レジャー型ホテルの定義と需要

日帰り客のニーズをうまく満たすことで、レジャー型ホテルは活路を見出しました。 幅広い楽しみ方が用意されているレジャー型ホテルを120パーセント以上遊びつくすためには、どのようなポイントに着目すれば良いのでしょうか。 レジャー型ホテル利用の基本をまとめました。

レジャー型ホテルをもっとお得に使いこなす!

レジャー型ホテルにかぎらず、ほぼすべてのホテルはクーポンや定期イベントなどで利用者への還元を行っています。 クーポンやね予約などの特典を知っているのと知らないのでは、トータルの利用コストが大きく変わってくるため、初心者の方はいつの間にか損をしないように注意しましょう。

レジャー型ホテルの進化と発展を見守る

日本におけるレジャー型ホテルは、まだまだ発展途上です。 その歴史は始まったばかりだと言っても良いでしょう。 個々の事例を踏まえつつ、「日本式レジャー型ホテル」が目指すべきもの、現時点で足りないものについてふれていきます。 レジャー型ホテルによって、日本のレジャーは大きく変わります。